Upstream Securityの紹介

[Transcript]

 

コネクテッドカーとそのデジタル化の台頭に伴い、自動車に対するサイバー攻撃の数は劇的に増えました。どのようにしてコネクテッドカーはの安全を確保すれば良いのか?

 

Upstream Security社は走行中または停車中に関わらず、既存と新規のコネクテッドカー及びスマートモビリティサービスをサイバー攻撃または悪用から保護するために設計された、業界初のクラウド型サイバーセキュリティソリューションです。

 

コネクテッドカー、テレマティックス、およびモビリティアプリケーションデータなどのような、OEM自動車メーカーとスマートモビリティプロバイダによって既に収集されているデータを活用することで、Upstreamは車載エージェントをインストールする必要なく、走行中の車を保護することができます。

 

Upstreamのサービスはすべてのデータフィードを集約、正規化、そして匿名化し、機械学習とビッグデータ分析技術を利用して解析を行います。

Upstreamのサイバーセキュリティエンジンはアノマリやサイバーセキュリティインシデントを検知し、リアルタイムでセキュリティオペレーションセンターに報告します。

 

Upstreamのソリューションには、新規または既存のセキュリティオペレーションセンターにおいて稼働できる強力なモビリティSIEMも含まれています。プレイブックとワークフローも含む即利用可能なインテグレーションも備えられています。

 

リアルタイムのユーザーフレンドリーなダッシュボードに、コネクテッドカーのリスク、サイバーセキュリティ、サービス悪用などモビリティサービスのセキュリティ体制の概要が明確に表示されます。

 

車両の状況や位置を取り入れた業界初のモビリティタイムラインを用いたインタラクティブの調査型ダッシュボードは、インシデントを掘り下げるための容易な運用を提供します。

 

システムには予め定義されたかつ自動化されたセキュリティポリシーを提供し、それに加えユーザー定義ポリシーも容易に作成および適用ができます。

 

数多くのOEMとの連携経験、および自動車生産サイクルを中断しないクラウドドリブンの取り組みを活用することにより、Upstream社のプラットフォームは数年ではなく数週間で顧客環境に統合できます。その結果、自動車業界において最もコスト最適化されたサイバーセキュリティソリューションが誕生しました。