見る: サイバー脅威が変化する状況下で、今後の自動車サイバーセキュリティ規制に準拠していく方法

見る: サイバー脅威が変化する状況下で、今後の自動車サイバーセキュリティ規制に準拠していく方法

このウェビナーでは、次のことを行います。

 

ISO / SAE 21434やWP.29などの新しい自動車サイバーセキュリティ規制が業界にどのような意味を持つか、自動車のバリューチェーン全体で既存のプロセスを再考するために必要な変更を理解する。

今後数年間で車両の認証に関連する戦略的影響とコンプライアンス要件の理解を深めることができます。

これらのスタンダードと規制に効果的に準拠するための実用的なサイバーセキュリティツールとソリューションを詳しく調べます。

Upstreamの共同創設者兼CTOであるYonatan Appelは、スタンダード/規制の実際のアプリケーション、緩和すべき現在の自動車サイバー脅威への洞察、およびスタンダード/規制の成功した実装に関するヒントを掘り下げます。

 

Yonatanは、アップストリームの製品開発の責任者で、業界をリードする多国籍企業で20年の技術開発と製品管理の経験を持っております。彼は、Check PointやImpervaなどの世界をリードするアプリケーションセキュリティ企業におけるサイバーセキュリティイノベーションの経験と、マイクロソフトでエンタープライズグレードのクラウドベースの分析テクノロジーを開発した経験を持っております。彼はまた、IDF Intelligence Corpsのエリート技術ユニットにも参加しました。Yonatanはイスラエルのオープン大学でコンピューターサイエンスの学士号を取得し(最優秀)、テルアビブ大学でLLBを取得しています。

 

ウェビナーの録画を見る